感染対策について

院内トリアージ対応により一般の患者さんが感染症疑い患者さんと待合室・診察室において空間と時間を共有することはございませんのでご安心ください。感染症疑い患者さんは一般診療時間外の12時45分から14時45分と18時45分以降に予約来院していただき、一般待合室、診察室に入ることなく、感染症疑い患者さん専用入り口から専用診察スペースで診察、検査を行います。

一般診療では感染源持ち込みを抑えるため備え付けスリッパの履き替えをお願いいたします。スリッパは紫外線滅菌灯付き下駄箱で常に殺菌しております。履物は備え付けビニール袋に入れてお持ちいただきます。院内では必ずマスクをお付けください。お忘れの方は受付でご購入いただきます。

入室後まずは手洗いと手指消毒をお願いいたします。カウンターで受付票に名前をご記入いただき発熱検知器で平熱をご確認ください。37.5度以上で反応いたします。院内は1階診察階、2階リハビリ階ともに加湿器、空気清浄機、ロスナイ常時換気を行っております。また環境対策に公的施設や医師会で使用されている除菌抗ウィルス剤を散布しており、持続効果に「シュフレ」(製品情報 | アクア株式会社 (syufre.jp))、瞬間効果に「ZiⅡ(ジーツー)」安定型次亜塩素酸ナトリウムを使用しております。ZiⅡは公的機関向けなので一般向けHPがございません。

  • 01当院は感染症対策実施医療機関です
  • 02リハビリ室体温測定モニター
  • 03リハビリ空気清浄機
  • 04紫外線滅菌灯付きスリッパ入れ
  • 05受付、発熱感知器
  • 06待合室空気循環ファンと空気清浄機
  • 07待合室空気清浄機